archive: 2013年08月  1/1

汝、此の林檎の赤を知れるか

No image

「汝、此の林檎の赤を知れるか」ある男が、机上に林檎を置いて言う。林檎は、赤い。赤く見える。ならば、この林檎は赤い。当然のことである。この男の問いは愚問だ、ほとんどの者はそう断ずるであろう。敢えて答える。「此の林檎は『赤い』、ゆえに我は赤を知れる」と。しかし、男は重ね問う。「然らば此の林檎の『赤』とは何か」赤く見える、だからこの林檎は赤い、なれば、その言うところの「赤」とは一体何ものか。赤いとは、喩...

  •  0
  •  0