archive: 2014年02月  1/1

国語の授業における文学の扱いについて

No image

人が心情倫理の準則の下で行為する――宗教的に言えば「キリスト者は正しきをおこない、結果を神に委ねる」――か、それとも、人は(予見しうる)結果の責任を負うべきだとする責任倫理の準則に従って行為するかは、底知れぬほど深い対立である。――マックス・ヴェーバー『職業としての政治』よりたぶん、学校で教わる5教科のうち、国語はもっともないがしろにされやすいのではなかろうか。日本で生まれ育ったものなら、日本語に不自由...

  •  0
  •  0