archive: 2015年01月  1/1

抜けない棘を埋め込んだフランス・テロ――ムハンマドはもはや風刺されるしかない

No image

このテロが、犯人の感情的・即興的な報復のために起こったものと見てはならない。むしろ、テロリズムに対して一切妥協しない欧米諸国家の方針を逆手に取り、ヨーロッパの内側で巨大なコミュニティを築いているイスラム社会と現地社会との間に抜けない棘を打ち込む巧妙かつ狡猾な一手であったと考えるべきである風刺週刊誌「シャルリー・エブド」社への襲撃事件は、自由主義を掲げる諸国家・社会から「表現の自由を破壊しようとする...

  •  1
  •  0