archive: 2016年09月  1/1

スポンサーサイト

No image

  •  closed
  •  closed

ガラパゴスな日本のお米――瑞穂の国は守れるか

No image

私が住んでいるアパート近くの田んぼでは、先週末に稲刈りが終わりました。たわわに実った稲穂が収穫される様子をながめていて、他の作物のそれとは一味ちがう、格別の歓びを感じるのは、やはり日本人だからでしょうか。さて、季節は収穫の秋をいよいよ迎えようとしているわけですが、ときに、日本のお米は「どれくらい実るのか」ご存知でしょうか。日本でお米の作柄を量る際は、基本的に1反(10a)単位の収穫量で判断しますけれ...

  •  0
  •  0

豊洲新市場の「地下空間」はどうしてできたのか――ネット上で公表されている資料からの考察

No image

現代は「情報化社会」と呼ばれていますけれど、その名のとおり、ネットを使えばだいたいの情報は手に入ってしまいます。そこで、本稿では目下騒動となっています「豊洲新市場地下空間問題」について、主に下記のホームページを参照して「どうして地下空間ができあがったのか」を考察してみたいと思います。↓ 東京都中央卸売場『豊洲市場に関する会議資料』http://www.shijou.metro.tokyo.jp/toyosu/siryou/↓ 東京都議会ホームペ...

  •  0
  •  0

28年産福島米は「復興」できるか

No image

東北地方の28年産米の概算金(各農協が農家から買い取る価格)が発表されました。『河北新報』<コメ概算金>東北、需給改善し上昇http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201609/20160918_73009.html一昨年、昨年は危機的な米価安でしたが、今年は全国的に改善の兆しを見せており、東北地方もほとんどが1万円/俵(60kg)を上回るまで引き上げられました。なかでも注目されるのが、福島県の中通り・浜通り地方の米価復調です。福島...

  •  0
  •  0

豊洲新市場問題――問題の本丸は都の行政体制

No image

小池氏が東京都知事に就任して間もなく発覚した豊洲新市場移転問題。詳細はテレビ等で連日報道されていますので、ここで改めて述べることはしませんが、危惧されている「安全性」については、おそらく大した問題にはならないだろう、と私は見ています(検査すれば危ないかどうかはすぐわかりますしね)。より深い問題は、都の行政組織そのものが不健全な状態にあるのではないか、という点です。まず公官庁における意思決定の仕組み...

  •  0
  •  0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。