archive: 2016年12月  1/1

孔子に学ぶ、学問の意義

No image

勉強が嫌いな子どもほど、親の頭を悩ませる者もいないでしょう。そういう子に限って、しばしば「なんで勉強なんてしなきゃいけないの?」なんて小生意気な質問を大人に投げかけてきます。とはいえ、なにか哲学的な、深い思慮があるわけではなくて、その場しのぎの放言に過ぎないのですけれど、しかし真剣に答えようとすると、これがなかなかに難しかったりします。親の率直なホンネとしては「学校の成績と学歴が生涯収入を左右する...

  •  0
  •  0

近親婚は禁止できるのか――社会は愛をどこまで認めるか

No image

目はいかにせん、正視に堪えぬ。君の与える、げにそれほどの恐れおののき。  ――ソポクレス『オイディプス王』よりクリスマスが近づいてきて、恋人たちは愛する人と素敵な一日を送ろうと、うきうき準備を進めていることでしょう。近年では、様々な愛のかたちが認められるようになりました。ちょっと前には、アメリカで同性婚が合憲とされたことが画期的な出来事として話題になりましたね。日本でも、渋谷区が嚆矢となって、婚姻関...

  •  0
  •  0

北方領土はグレーゆえに活用しうること

No image

北方領土で共同経済活動、平和条約へ「一歩」 (東洋経済オンライン)http://toyokeizai.net/articles/-/150288北方四島が「返還」されるかもしれない、という期待は、早々に棄てるべきでしょう。それは、日本の外務省や安倍首相が無能だからでも、ロシアのプーチン大統領が「くせ者」だからでもありません。ただ、日本にとって返還にメリットは少なく、一方ロシアにとってはデメリットが多いからです。北方四島の周辺海域は豊かな漁場...

  •  0
  •  0

ゼロリスクが生んだ悲劇――原発避難者いじめについて

No image

福島県から避難した子どもたちが、原発事故を理由にいじめをうけていたことは、故郷を同じくする者として、それ以前に人間として、非常に心が痛みます。ただ一方、起こるべくして起こってしまったな、とも思います。震災当時、私は東京にいましたけれど、ニュースやSNSで放射線の恐怖を煽りたてる情報があちこちに流布され、水道水の放射線量が普段よりちょっとだけ上がっただけでも、スーパーやコンビニからペットボトルの水が消...

  •  0
  •  0

宇宙論のふたつの視座――SPACEとCOSMOS

No image

もの皆こぞりて御神を讃えよ、光のはらから(同胞)なる日を讃えよ  ――アッシジのフランチェスコ『被造物の讃歌』より主は……ポビーとディンガンのなめたキャンデーのひとつひとつにあらせられた。  ――ベン・ライス著『ポビーとディンガン』よりSPACEとCOSMOS。どちらも日本語では「宇宙」と訳される。だが、その意味することは大きく異なる。現代人にとっての宇宙とは、私たちの生きる地球が浮かび、光年というとてつもない単...

  •  0
  •  0