集団的自衛権反対の運動は純粋な「平和主義」を侮辱する

集団的自衛権を容認することで、日本が「戦争する国/できる国」になってしまうという危惧の声が、毎日のようにテレビや新聞で聞かれるが、しかし「個別的自衛権の行使によって日本が戦争をする」可能性についてはほとんど話題にならないのが不思議ではある。

周知のとおり、国連憲章第51条において「この憲章のいかなる規定も、国際連合加盟国に対して武力攻撃が発生した場合には、安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持に必要な措置をとるまでの間、個別的又は集団的自衛の固有の権利を害するものではない」とあるように、各国の個別的・集団的自衛の権利は、安保理が制裁を下すまでの間の「つなぎ」として認められている――とはいえ、安保理は実質的に「機能不全」に陥っているので、各国の安全保障はこの51条によって確保されていると言って過言ではない。

もちろん、国連憲章に規定があるからといって、加盟国がそれに絶対服従しなければならないということではない。殊に51条で述べているのはあくまで「権利」であるから、それを行使するかしないかは各国の自由だ。

これまた周知のとおり、日本は日本国憲法9条の規定のもとでも、この個別的自衛権は国家の最小限の権利だとし、その権利を行使する手段として自衛隊を保有している。しかし、現在までのところ、集団的自衛権の行使は9条の規定を超えるものとしてその行使を否認している。

集団的自衛権の行使は9条を超えるものとして否定してきた以上、やはり筋としては9条改正後に集団的自衛権云々を議論すべきなのだと思う。9条は様々に解釈されうるが、しかしストレートに読めば自衛隊は「違憲」であろう、いわんや集団的自衛権をや、である。

ということで、集団的自衛権を巡る問題は憲法との兼ね合いが主な焦点になってもよさそうなのだが、どうしてか「戦争する国/できる国」の論争に流れていく。戦争そのものは、現状でもできる。仮にどこかの軍隊が日本に侵略してきたらどうか。自衛隊は応戦するだろう。必要に応じて、敵の国土を攻撃するだろう。これらは個別的自衛権の範疇であり、自国民を脅威から守るための当然の措置である。

要するに、戦争になる。

仮に、自衛隊が日本の領土に踏み込んだ敵の撃退のみに専念したとして(それも立派な戦争だが)、たとえば奇蹟的に安保理が武力制裁を決議して、国連軍が敵の領土に攻撃を加えたとして、それに日本及び日本人が異を唱えるだろうか。戦争放棄の理想を純粋に貫くならば、戦争を止めるための戦争は、それがたとえ日本を救済するものであっても、拒否せねばなるまい。そこまでの覚悟・度量が、日本人にはあるのか。

今般の集団的自衛権を巡る議論において、私の立場は「まずは憲法改正、話はそれから」であり、集団的自衛権に反対する人々が掲げている「平和主義を守る」というお題目に賛同する気はさらさらない。先に述べたとおり、個別的自衛権の範囲でも日本が戦争をする可能性は大いにあるし、そのために自衛隊は存在する、言い換えれば、自衛隊の存在そのものが、日本が「戦争する国/できる国」であることの証左である。そもそも、安保理の決定ひとつで(このひとつがなかなか下されないのだが)寄って集って武力制裁を加えること、若しくは加えることができるという「威嚇」によって世界の平和を守ろうとしている国連などというヤクザな組織に加盟している時点で、日本の平和主義は死んでいる。スイスは2002年にようやく国連に加盟したが、それまで渋っていたのは、永世中立国として国連の行う「集団リンチ」に加担しないためでもあった。真に平和主義を、あらゆる戦争の放棄を謳うのであれば、かつての松岡洋右よろしく、国連の席を蹴って立つべきであろう。

それらの信念を欠いたまま、「平和主義」を掲げて集団的自衛権に抗議することは、平和主義という高邁な理想を徒に汚すだけである。平和を愛する者として、まずは行動すること、運動すること、それが大事なのだと言う気持ちもよくわかるが、少し立ち止まって、個別的自衛権なら行使しうる現状において「日本は平和を守る手段、あるいは『国際紛争を解決する手段』としての戦争を本当に放棄できているのか」「日本が戦争をするケースは存在するか、存在するとしたらどのような場合で、そのとき日本及び日本人はどう対処すべきか」、といった問いに真摯に向き合い、自分たちの「平和主義の実態」を把握すべきではないか。そうすれば、集団的自衛権よりもさらにラディカルな「平和にとっての問題」が発見されるだろうし、そしてその解決に努める方が、日本のより一層の平和に貢献できるであろう。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment