沖縄県は「反戦・反米の平和主義」路線を放棄すべきであること

沖縄の米軍基地を巡る問題は、賛成・反対諸派入り乱れてもはや一望するのも難しい状態だが、ひとつ言えることは、反基地運動を展開するにしても、そのスローガンとして「反戦・反米の平和主義」を掲げることは、沖縄の人々にとって何ら益をもたらさないだろうということだ。

ごみ処理施設や刑務所、墓地や高速道路といった施設と同様、多くの日本人にとって、米軍基地は社会的な必要性は認めるものの、なるべくなら近くに置きたくない「負のインフラ」として認識されている。「負のインフラ」は、なくせるものならなくしてしまいたいが、けれどないと非常に不便なので、渋々ながらも受け入れるしかないシロモノだ。日本人のほとんどは、米軍基地はいろいろ問題のタネにはなるが、現状の平和が米軍や日米同盟によって維持されていると考えているので、なくなってしまうのも困りものだと思っている。

本土の日本人も、沖縄県がかつて凄惨な地上戦の舞台になったことや、戦後はその狭い面積に米軍基地が集中していること等に深い同情を寄せているし、沖縄県が米軍基地という「負のインフラ」を過剰に負担しているとも思っている。だから、沖縄県の負担を日本全体で分担して欲しい、あるいは負担してもいいがその補償が足りない、と訴えられれば、本土の日本人も、多少煙たがるだろうが、これに耳を傾けないわけにはいかない。米軍基地の県外移設等の現実的な対処も、もっと真正面から議論されることとなろう。

ところが、「反戦・反米の平和主義」の場合は、米軍基地は「負のインフラ」ではなくて「悪のインフラ」となる。厄介だけれど必要不可欠なものではなく、何が何でも消滅させなければならないものとなる。すると、本土の日本人のほとんどは、沖縄県民への同情を取り下げてしまう。なぜなら、本土の日本人は、米軍基地などないに越したことはないとは思うものの、撤去することは求めていないからだ。

故に、「反戦・反米の平和主義」を動機とする反基地運動は、同じく「反戦・反米の平和主義」を信奉する人々にしか、共感してもらえなくなる。それは熱烈な運動に発展するだろうし、マスメディアからのウケもいいが、けして広汎な支持は得られない。なお悪いことに、「反戦・反米の平和主義」を掲げている間は、県外移設(負担の分担)もまともに取り上げられなくなる。なぜなら、「反戦・反米の平和主義」においては米軍基地の国外退去が唯一の解決策であって、県外移設など選択肢にないからで、本土の日本人に対しては、米軍基地の県外移設を拒む言い分を与えてしまう――国外退去が沖縄県民の民意なのであれば、うちの県に基地を移すなんて中途半端なことをしないで、基地を消滅させるその日まで是非がんばってください、と。「反戦・反米の平和主義」は、理念としては立派だけれど、かえって沖縄県民の訴えを「わがまま」なものとしてしまい、反基地運動をローカルな問題に狭めてしまう。

だから、沖縄県民は基地問題に対して下記のような論法を採用すべきなのだ。

1.米軍基地は、日本が現状の平和を保つために必要不可欠である。
2.ただし、米軍基地は様々な問題をもたらす「負のインフラ」である。
3.沖縄県は、日本の国益のためにこれを負担することもやぶさかではないが、しかしあまりに負担が偏りすぎている。
4.故に、県外移設を含めた負担の公平な分散を求めるものである。

無論、このロジックは本気で「反戦・反米の平和主義」を実現しようとしている人々――つまり、沖縄の負担軽減そのものが目的なのではなく、日本を非武装中立の絶対平和主義国家とすることを究極目標とする人々には、受け入れ難いだろう。この論法では、米軍基地、ひいては日米同盟と米軍の軍事力が日本にとって必要なのだとまず認めなければならないが、かれらにとってそれは耐え難い屈辱であり、また運動の敗北を意味する。

けれど、「反戦・反米の平和主義」路線が完遂する可能性は、ほぼ皆無に等しい。それは日米同盟の破棄という、非常に巨大な政治的マターに連結しているのだから。沖縄の実質的な負担減を目指すならば、米軍基地の県外移設がほぼ唯一の選択肢だが、そのためには米軍基地は日本にとって必要である、と訴えなければならない。そうでなくては、不必要なものを他の都道府県に押し付けることになってしまい、受け入れ側の都道府県民の理解は得られない。

幸か不幸か、「反戦・反米の平和主義」の旗印の下で反基地運動を進めているのは本土の運動家・団体が主なようで、沖縄県民は米軍基地の正負両面を知っているためか、もっと冷静に、もっとしたたかに、この問題に臨んでいるようだ。願わくば、米軍基地に反対することが平和主義者であることの誇示となってしまっている現状が改善され、米軍基地とどのように共生していくかというテーマが国全体の公共的な問題になって欲しいと思う。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment