スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抜けない棘を埋め込んだフランス・テロ――ムハンマドはもはや風刺されるしかない

このテロが、犯人の感情的・即興的な報復のために起こったものと見てはならない。むしろ、テロリズムに対して一切妥協しない欧米諸国家の方針を逆手に取り、ヨーロッパの内側で巨大なコミュニティを築いているイスラム社会と現地社会との間に抜けない棘を打ち込む巧妙かつ狡猾な一手であったと考えるべきである
風刺週刊誌「シャルリー・エブド」社への襲撃事件は、自由主義を掲げる諸国家・社会から「表現の自由を破壊しようとする許し難き蛮行」として、位置づけられることとなった。特に「自由・平等・友愛」を国是とするフランス共和国では、自国の掲げる最高価値に対するこの攻撃は、強烈な驚きと悲しみと怒りをもって受け止められた。
一方、シャルリー・エブド社はイスラム教の開祖・ムハンマドの肖像を描くという、敬虔なイスラム教徒であれば思わず眉をしかめる行いのみならず、その肖像を用いてかなり際どい、ときにイスラム教徒でなくとも不快感を覚えるような風刺画を雑誌に掲載していた。
無論、だからといって今回のテロが正当化されることは一切ない。だがこの事件を境に、イスラム社会に「自由」という価値に対する疑念が蔓延する土壌ができてしまったように思う。
フランス共和国ならびに自由主義諸国が怒り、悲しんでいるのは、先に述べたように表現の自由という自由主義の根幹に攻撃が加えられたと感じているからで、シャルリー・エブド社は表現の自由を象徴する存在になりつつある。その結果、フランス共和国も自由主義諸国も、「ムハンマドを風刺することへの批判」が著しく難しくなってしまった。つまり、ひとたび「シャルリー・エブド社の雑誌の内容も悪かった(ムハンマドを揶揄するような内容は控えるべきではなかったか)」と言おうものなら、それは今や表現の自由の敗北を意味するようになったのだ。
言うまでもなく、どんな表現活動も、必ず誰かには不愉快な感情を与えてしまう。そのため、表現の自由は「あなたの表現はたいへん不愉快だが、しかしあなたが表現する権利は認める」という精神によってはじめて保たれるものと言える。
だが、表現の自由も無制限ではない。フランス共和国における友愛の精神は「己の欲せざる所は人に施すなかれ。常に、自分がされたいと思う善事を他者に施すように」の一文に表されており、人々が心底望まない表現は規制しうる。現に、フランスでもナチスを擁護するような表現は規制の対象だ。
ムハンマドを用いた風刺を耐え難い屈辱と感じている者がいるのなら、それを規制の対象とする余地は多少なりともあったのだろうが、もうその可能性は消えたと考えるべきだろう。そもそも、フランス共和国では宗教という非常にデリケートな領域にさえ、批判・風刺が許容されているというのが、表現の自由が活きていることのひとつのステータスだ。加えて今回の事件が起こったからには、仮に今後、ムハンマドの風刺画を規制しようものなら、それはテロリズムに屈したことにもなってしまう。ややもすれば、ムハンマドを風刺することが、表現の自由を誇示する行為ともなりかねない。
「ムハンマドを風刺できることこそが自由を意味し、ムハンマドを風刺できないことは自由の敗北を意味する」というこの状況。敬虔なイスラム教とであればあるほど、欧米の自由主義とはムハンマド、そしてイスラム教を虚仮にする自由だと受取るであろう。そして、そのような自由など願い下げだと思うかもしれない。すると、欧米社会とイスラム社会との溝はますます広がるだろうし、イスラム社会に欧米型の自由の精神が浸透することは、ますます困難になるだろう。
なお深刻なのは、フランス人口の約7%を占める450万人のイスラム教徒とフランス社会との軋轢だ。フランス共和国に移住してきたイスラム教徒は、イスラム地域に暮らしているイスラム教徒と比べればだいぶ世俗化しているようだが、しかし学校にスカーフを巻いて登校することが問題化し、規制される程度には、イスラムの伝統と習慣を残している。懸命にも、フランクス国内のイスラム教団体「フランス・イスラム教評議会」はすかさずテロを非難し、フランス社会と協働する姿勢を示したが、一般のイスラム系フランス人は今回の事件をどう捉えているのだろうか。いや、事件そのものは卑劣で許し難いと考えてはいるだろうが、ムハンマドの風刺が自由の象徴となった現状に、どんな気持ちを抱いているのだろうか。フランス社会から疎外されていると感じ、また自由主義思想への憎悪を募らせて、過激思想に傾倒する者が増加するような事態にならないだろうか。
今回のテロ事件は「ムハンマドを風刺のネタにすること」を表現の自由の象徴的行為に祭り上げ、さらに「『ムハンマドを風刺のネタにすること』を批判する」言論や表現を反自由主義的で、さらにテロへの敗北を意味する行為とした上で、これを制限する風潮を暗黙裡のうちに作り上げた。これはフランス国内外のイスラム教徒に「欧米社会はイスラム教徒に配慮しないし、それどころかイスラム教を貶めることを自由主義の証としている」というメッセージとして響くかもしれない。テロリストの放った銃弾は、十数人もの命を奪ったのみならず、欧米社会とイスラム社会の間に、小さな、しかし何らかのきっかけで大きな断裂のきっかけにもなりかねない不協和音の種として、深く埋め込まれたのである。
スポンサーサイト

- 1 Comments

理由がどうあれ  

無差別テロは最低の行為

ISIS。
究極の二元論思考者たち。

外国人を襲って人質。 人質にして、政府へ大金を要求。 人質が逆らえば死。 大金を払わなければ死。 イスラム国に反撃すると無差別殺人(死)。イスラムに改宗しなければ死。 自分たちの意見に従わなければ死。奴隷とならなければ死。 他国でテロを実行して死。 気に食わない建造物は破壊。

支配か服従か、善か悪か、白か黒か、生か死か、敵か味方か、自己中心的で極端な二元論の観念で物事を判断する人格障碍者たちは、強い被害者意識と潜在的な他者憎悪を持っています。

二元論は、カルトや、過去に戦争を引き起こしてきた指導者の最も典型的な誘導手段であり、非常に姑息で傲慢な思考であり、二元論を好む人たちに人格障害者が多いことも特徴です。

2015/11/14 (Sat) 11:26 | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。