原発の停止・再稼働という「法の下にないもの」に司法は口出しできるのか?

今回の差し止め仮処分については、専門家でもない裁判官が安全基準の妥当性を判断できるのか、いったいどれほどの措置を講ずればいいのか等々の批判が上がっているが、それ以前に、そもそも司法が原発の再稼働云々に口出しできるのか、という大問題がある。

何故なら、現在、原発が停止していることに何の法的根拠もなく、さらには再稼働の具体的手続きも定められていない(ちなみに、規制委の合格認定は再稼働の要件ではない)からだ。

言うまでもなく、司法は憲法や国会等の立法機関が定めた法律が適切に施行されているかチェックする機関だ。そのため、法律になっていないもの、法律では解決できないものについてはタッチしないのが原則である。

原発が止まっているのは震災当時の管首相の「お願い」によるものであり、法的根拠のある「命令」に基づくものではない。仮に法に基づいて原発を停めたのであれば、当然これは損失補償の対象となる(たとえば、行政が高速道路の敷設予定地の住民を適法な命令によって退去させる場合、住民に対しその犠牲に見合った補償をしなければならない)だろうが、形式上、自主的に停めていることになっているので、それもできない。さらに、法律が整っていないのに停めてしまったので、誰が再稼働の権限をもっているのか、再稼働のためにどんな手続きがあるのかも、明確ではない。

停止も再稼働も法に則っていない(法ができていない)のだから、司法が出る幕ではないのだ。福井地裁は、人格権等の諸権利を引いてこの判決を下したようだが、これは「無法地帯」に「権利」を持ち出して司法が独自に立法したに等しい。
福井地裁の判決は、法が蔑ろにされ、遠山の金さん的な「お上の裁量」が優越されていることを示している。原発に反対する人々は、これを英断と称えるだろうが、こうした「権威ある者の正義感に基づく裁量」が、国家の暴走を招くことに警戒しなければならない(ファシズムとは元来そういうものである)。原発はいまや日本という法治国家の特異点なのであり、日本の法が生きるか死ぬかの試金石となっている。
スポンサーサイト

4 Comments

bleue  

ドキドキしながら書き込みしてます!

只今、私初体験中(笑)
こうやってコメントするの初めてなんですよ( ´∀`)

一種の告白みたいで照れますが…
syaosuさんの言葉の選び方好きだなって思いました。

素直な言葉って印象でストレートに言葉が溶けこんで来るというか☆
単純にすごいなとも思いました(σ^▽^)σ

私…もうずっと良い事なくて。。
自暴自棄までは行ってないんですけどほぼ近い状態で(汗)

だから思い切って連絡しました(о´▽`о)
迷惑であればコメント即消してくださいね。

緊張しながらも楽しみにsyaosuさんからの連絡待ってます(=^_^=)

2015/04/19 (Sun) 22:00 | REPLY |   

匿名  

日本は法治国家ではない!

日本は法治国家では無いようです。
実態は以下のとおり酷い。
 虚偽事由で提訴(訴訟詐欺)することは正当な弁護士業務だと主張する黛千恵子(坪田)・坪田康男・八木宏らは、詐欺罪で告発受理(2014~2015)されていたようですが福井弁護士会は、反省も謝罪もせずに知らぬ振りして何らかの処置もしていないようです。
 それどころか、福井弁護士会は、「虚偽事由で提訴することは正当な弁護士業務だ」と議決して擁護(教唆・幇助)し続けているらしいです。
 被害者は、更なる侮辱や訴訟詐欺にあう事を恐れ恐怖の日々を過ごしているみたいです。
 権力を有した組織的な犯罪が放置される中で正義など通用するはずもなく、おそらくは一人ひとりと食い物にされることになるのでしょう。
日本には、国民の安全安心は保障されていないようです。

2016/02/13 (Sat) 10:49 | REPLY |   

匿名  

「裁判では虚偽は到底許される」!

裁判官樋口英明らは、 「虚偽事由で提訴すること(訴訟詐欺)は正当だ」などと主張し実践する福井弁護士会らを相手の訴訟に対して、「裁判では虚偽は到底許される」 などと被害者に判決言い渡したらしいです。
司法に正義などありません。

2016/04/13 (Wed) 18:07 | REPLY |   

-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2016/05/13 (Fri) 20:22 | REPLY |   

Post a comment