ゼロリスクが生んだ悲劇――原発避難者いじめについて

福島県から避難した子どもたちが、原発事故を理由にいじめをうけていたことは、故郷を同じくする者として、それ以前に人間として、非常に心が痛みます。ただ一方、起こるべくして起こってしまったな、とも思います。

震災当時、私は東京にいましたけれど、ニュースやSNSで放射線の恐怖を煽りたてる情報があちこちに流布され、水道水の放射線量が普段よりちょっとだけ上がっただけでも、スーパーやコンビニからペットボトルの水が消えてしまうほど、人々の放射性物質への警戒心は異状なまでに膨れ上がっていました。

当時に比べれば、今は放射性物質や放射線に関する知識が一般に浸透してきたからか、ずいぶん落ち着きましたけれど、震災後しばらくは、原発由来の放射性物質や放射線は、ほんのちょっとでも危険なのだと、強く信じられていました。そんななか、「フクシマ」から、県外の人に比べて著しく多量の――といっても、絶対的には健康被害など考えられないほど微量の――放射性物質を浴びたと目される人々が避難してきた、となれば、避難先の人々から、厄介で疎ましいと思われないはずがありません。

原発由来の放射性物質の危険性を喧伝していたのは、面白半分で便乗していた人も多いけれども、中心となったのは、原発を文明が生んだ悪の遺産と捉えていて、かねてからその存在には否定的で、事故を好機と宣伝攻勢に打って出た「活動的」な人々です。かれらからしてみれば、原発事故の恐怖を人々の心に深く刻みつけることは、この国から原発を一掃するための非常に有効な戦略でした。

しかし、人々の、原発への、放射性物質への恐怖心が強まれば強まるほど、「フクシマ」やそこに暮らす被災者が苦しい立場に追いやられてしまう事を、どれだけかれらが理解していたでしょうか。あるいは、フクシマを犠牲にしてでも、原発は絶対に失くさなければならない、そういう強い意志と責任感のもとで活動していた人もいるやもしれません(そういう人に対しては、私は敬意を表するとともに、頑として抵抗します)が、ほとんどは、自らの言動がどういう事態を招くのかを想像することすら、放棄していたのではないか。

もちろん、危険なものに対して「危険だ」と警鐘を鳴らすことは大事なことです。けれど、ただただ「危険」と言いふらすだけでは、無責任だと謗られても仕方ありません。私たちの身の回りには、自動車だとか、ウイルス(そろそろインフルエンザが流行する時期です)だとか、毒をもった虫だとか、そういう命に関わる「危険」が溢れています。けれど、それらが「危険」だからといって、失くしてしまおう、滅ぼしてしまおう、なんて極端な話にはならないでしょう。「危険」ではあるけれど、じゃあそれとどう付き合っていくべきか、それをともに考えるのが人間社会の採るべき方向です。

原発事故後、声高に反原発を唱え、放射性物質への恐怖心を過剰に駆り立てた人々は、その「危険」に対する出口や落としどころを提示するべきでした。たとえば、私たちは普段から、自然からの放射線を浴びていますけれど、どの程度の線量までなら許容できるのか、また避難してきた人々に対しても、どれくらいの放射性物質を浴びた人は「隔離」しなければならないのか、そういう「基準」を示して、人々の合意形成のプロセスを喚起すべきだったのです。

「基準」も何もなしに、ただただ「やばい、危ない、怖い」という気持ちだけを増長させていけば、畢竟、人々はゼロリスクを求め、原発どころかフクシマに由来するあらゆる事物を排除しようとする。このイジメ問題も、そうした極端な心理の生んだ悲劇だと言えましょう。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment