スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポピュリズムとは何か - 民主主義の敵か、改革の希望か【読書メモ】

ポピュリズムとは何か - 民主主義の敵か、改革の希望か (中公新書)ポピュリズムとは何か - 民主主義の敵か、改革の希望か (中公新書)
水島 治郎

中央公論新社 2016-12-19
売り上げランキング : 545

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


日本のマス・メディアでは、「ポピュリズム」は専ら「大衆迎合主義」と訳され、非民主的で好ましくない傾向として捉えられています。昨今では、イギリスのEU離脱、ヨーロッパの極右政党の躍進と移民排斥の動き、そしてアメリカ大統領選でのトランプ氏の当選等がポピュリズム的現象として取り上げられていますが、日本ではいずれもネガティブに紹介されています。

しかし、民主主義国家において、人民の意思を政治に反映させることの何がいけないのでしょうか。おそらく、日本のマス・メディアはポピュリストを「政治権力を奪取するために、国民を扇動して利用するけしからん奴」と見ているのでしょうが、扇動されようがどうしようが、最終的に政治の代表を選ぶのは国民自身の意思です。言い換えれば「国民の意思のみが正しい」のです。ここには、意図してかしないでか、国民を「愚かな人々」と認識し、この羊たちを正しい方向へ導くことのできるのは我々だけだ、という啓蒙主義的なエリーティズムがちらほらと見え隠れしているのです。

マス・メディアが「ポピュリズム」として否定的に捉えている現象は、実はこうした「鼻持ちならないエリーティズム」に対する人民の抵抗運動なのであり、口達者なポピュリストリーダーが(日本では「ファシスト」と罵倒されることが多いですが)「愚かな人々」を扇動した結果ではないのです。ここを取り違えると「ポピュリズム」と呼ばれる現象が意味していることを見誤ってしまいます。

本書は、ポピュリズムの「人民に依拠してエリートを批判する、『下』からの運動」(P.9)という側面に注視して、世界各国のポピュリズムの動きを紹介しつつ、民主主義に与える影響をわかりやすく論じています。トランプ大統領がリーダーとなったアメリカや、移民への対応で揺れるヨーロッパ社会、そしてわが国の採るべき民主主義の姿を考察するにあたり、たいへん参考となる一書です。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。