立憲制が民主制を損なうとき――1票の格差是正に寄せて

0 0
去る4月19日、衆院選挙の区割り審は福島4区に3区の西郷村を編入する改定案を政府に勧告しました。

……と言われても、福島県民ではない方には何が「問題」なのかまったくわからないかと思います。しかしながら、ここの「問題」のポイントを押さえないことには本題に移れないものですから、少々ご堪忍いただいて、まずは福島県民が抱いている「地域への帰属意識」についてお話させていただきます。

まず、福島県はタテに3つの地方に分けられます。東北新幹線と東北本線が縦断し、県庁所在地の福島市と県内最大の人口を抱える郡山市がある「中通り地方」、本地方を軸として東側、阿武隈高地を挟んで太平洋に面する「浜通り地方」、西側に奥羽山脈を越え、猪苗代湖を擁する会津盆地を中心とする「会津地方」。この3地方間でも、県民同士の明らかな帰属意識の違いが見られますが、もう少し実態に近づけるため、さらにヨコに3分割してみます。

「中通り地方」は、北から県庁所在地の福島市を中心とする「県北地域」、県内最大都市の郡山市を中心とする「県中地域」、寛政の改革で名高い松平定信が治めた奥州の玄関口である白河市を中心とする「県南地域」。

「浜通り地方」は、北から馬追いで有名な相馬市・南相馬市を中心とする「相馬地域」、福島第一原発のある「双葉地域」、フラガールでおなじみのハワイアンズがある「いわき地域」。

「会津地方」は、北から蔵とラーメンのまち喜多方市を中心とする「喜多方地域」、鶴ヶ城と白虎隊で名高い会津若松市を中心とする「会津地域」、会津高原の山々が広がる「南会津地域」。

これらは行政区分とは異なりますし、私の造語も交じっています。また細かく見ていけば、各地域の中でも市町村ごと、集落ごとで帰属意識の違いが見られますが、この9地域ごとに文化・生活・経済圏が形成されており、人々の帰属意識もおおむねこの9地域で分かれていると見て間違いはないと思います。

さて、前段が長くなりましたが、件の西郷村はこの9地域のうち、「中通り地方」の「県南地域」に属しています。県南地域の中心である白河市とは東側で接しており、かつては白河市との合併も取り沙汰されるなど、県南地域とのつながりが深い自治体です。一方、西側では「会津地方」の「南会津地域」に接してはいますが、村境は山間部で人口も少なく、買い物も白河市まで出ていく人がほとんどで、南会津まで足を運ぶ人は非常に少ない。

西郷村が属していた福島県小選挙区の3区は、県南地域全域と県中地域の一部で形成されています。一方4区は「会津地方」全域を選挙区としています。西郷村は「南会津地域」と接しているとはいえ、上述のとおり住民の帰属意識も、また文化・生活・経済圏も「中通地方」の「県南地域」に属しています。それが今回の改正で、西郷村はタテの区分けもヨコの区分けも飛び越えて、縁の薄い「会津地方」に編入されようとしているのです。

元来、国政選挙とは、地域の利害を代弁する代表者を国会に送り込むことが目的であり、そうした地域の代表者たちが集って政治を取り仕切る国をこそ「民主国家」と呼ぶのです。ですから、選挙区は課題や利益を共有する地域でまとめなければ、選挙は「地域の声」を国政に届けるという重大な役目を果たせなくなり、ひいては民主主義そのものが骨抜きになってしまいます。

いわゆる「一票の格差」は長らく問題視され、2011年以降は最高裁でも、現状の格差は「違憲」と判決されています。しかしながら、地域の結びつきを無視して「数合わせ」に徹すれば、選挙は、問題意識の異なる人々から票を集めるだけのゲームに堕して、民主制の理念が損なわれることになります。政府は憲法には逆らえませんから、最高裁に「違憲だから是正しろ」と言われれば、選挙区の区割り再編に着手せざるを得ませんから、仕方のない側面もあるのですが、このままでは憲法に従うあまりに民主制の意義が失われかねません。私としては、たとえ「一票の格差」があっても、地域の結びつきを曲げて無理に区分けを再編するくらいなら、多少の格差には目をつむってもいいんじゃないか、と思わないではいられません。
ページトップ