加計学園問題を公開資料から検討する

0 0
国家戦略特区に設定されている今治市(正確には「広島県・今治市」)における獣医学部新設「問題」は、どうにも「スキャンダル」の方面に過熱しているように思えますが、こういうときは熱に浮かされることなく、ひとつ「源流」を遡ってみるのが良いでしょう。

まず、ひとつ押さえておきたいのが、獣医学部新設は今治市や愛媛県の「悲願」だった、ということです。今治市と愛媛県の連名で作成されている「平成21年11月構造改革特区提案申請説明資料」(下記URL)において「四国及び瀬戸内沿岸地域に獣医学部(科)を持つ大学が存在していなく獣医師の供給量が少ない」ことが問題視され、「全国唯一の獣医師養成機関空白地域であり、将来的にも獣医師不足が予測されている四国地域において、今治市に獣医大学を設置することで、適切な獣医師供給が可能」であると提言しています(4ページ)。

『平成21年11月構造改革特区提案申請説明資料』
http://www.city.imabari.ehime.jp/…/kouzoukai…/siryo16_01.pdf

このような提言は、関係する都道府県・市町村・関係機関との綿密な打ち合わせなしにはできませんから、獣医学部の必要性はもっと前から議論されていたと思われます。また、本資料では「学部共通教養科目のうち多くの科目を選択・受講できるような配慮をし、学校法人加計学園の3大学が協力し、多彩な科目でIT(ビデオオンデマンドなど)を活用した授業形態の実施を図る」と、加計学園が教育課程に関わる旨の記載があります(10ページ)。まだ特区に指定されていない時期なので、どこが獣医学部を担うのかは明言できない段階ですが、こうした提言は、仮に事が進んだ場合に手挙げしてくれる事業体にあらかじめ目星をつけておくものです。ですから、この時期に、すでに加計学園が新学部を担うことが「内定」していた可能性は十分にあります。

なお、平成21年11月時点というと、民主党が衆議院選挙で自民党に大勝し、鳩山紀夫内閣のもと、民主党が絶頂期にあった時代です。今でこそ「安倍一強」と言われていますが、第一次安倍内閣は当の首相の「体調不良」が原因で総辞職。もはや安倍氏の政治家生命は終わったと見られていた頃です。少なくとも、今治市・愛媛県が安倍氏の意向を汲んで加計学園を提言に加えたとは考えにくいでしょう。

また、獣医学部の新設が、後の特区指定後の「後付け」事項であったことから、そこに安倍首相の意向が及んでいるのでは、とする声もありますが、当資料によれば、獣医学部新設はもともと今治市と愛媛県が切望していたことだったとわかります。

平成24年12月に自民党が政権を奪取し、第2次安倍内閣が発足します。そして安倍首相の肝いりで平成25年12月に「国家戦略特別区域法」が制定され、国家戦略特区の指定がはじまります。

国家戦略特区は、国の省庁間あるいは省内内部署間の「ナワバリ」や、各利益団体の利権等が複雑に絡み合い、本当は改善すべきなのに、もはや各々の主体の意思ではどうにも変えられなくなった「岩盤規制」に対し、各自治体や民間団体の要請に応じ、その区域に限って内閣府が上から「えいや」と穴をあけ、改善の突破口を開くことを目的としています。

今治市はそれまで「構造改革特区」の指定を目指していましたが、「国家戦略特別区域法」が成立してからは国家戦略特区に切り替え、平成28年1月、広島県と共に「広島県・今治市国家戦略特別区域」に指定されました。

なお、当戦略特区においては、獣医学部の設置以外にも、「外国人創業活動促進事業」だとか、「特定実験試験局制度に関する特例事業」だとか、複数の取り組みがなされることとなっています。

『平成29年1月20日 広島県・今治市 国家戦略特別区域 区域計画』
http://www.kantei.go.jp/…/kuikikeikaku_hiroshimaimabari_h29…

獣医学部の件については、特に「今治市分科会」で話されています。平成28年9月21日に開かれた第一回の分科会では、菅今治市長が「今治市に獣医学部の新設は絶対に必要」と熱弁を振るい、また獣医学部の新設は「定員規制により、北里大学獣医学科の新設以来、 これまで50年にわたり新設されておりません。この厚く固い岩盤規制を突破するため、加戸前知事、中村知事、そして、私どもも再三にわたり、関係省庁へ要望を続けて」きたと述べ、これまでの努力が実を結び、今治市を越えた複数自治体の宿願がようやく叶うことの喜びを隠していません。

『今治市 分科会(第1回)議事要旨』
http://www.kantei.go.jp/…/hiros…/imabari/dai1_gijiyoushi.pdf

世間では、今治市の特区指定からして、安倍首相が「お友達」の加計学園に便宜を図るためだったのでは、と噂されていますが、少なくとも国家戦略特区への指定は、今治市を中心とする関係自治体の長年にわたる要望に政府がようやく応えたというのが実態です。

平成29年1月12日の第2回分科会では、渦中の加計学園が会議に出席しています。というのも、これに先立ち、平成29年1月4日付けで内閣府地方創生推進事務局より、獣医学部新設に携わる事業者を公募しており、加計学園のみがこれに応募したからです。

『今治市 分科会(第2回)議事要旨』
http://www.kantei.go.jp/…/hiros…/imabari/dai2_gijiyoushi.pdf
『広島県・今治市国家戦略特別区域会議の構成員 (特定事業を実施すると見込まれる者)の公募について』
http://www.kantei.go.jp/…/hiroshi…/imabari/dai2_shiryou5.pdf

この公募は、公募期間が平成29年1月11日までと非常に短く、その適切性には疑問がもたれます。ここでも「安倍首相の意向が働いたのでは」という疑惑が生じかねませんが、先に述べたとおり、安倍氏の政治家生命がほぼ消えていた民主党政権時代から、今治市・愛媛県の腹中で加計学園を選定することがほぼ内定していた可能性があり、また公募の根拠である「国家戦略特別区域法施行令」の第1条の規定では「特定事業を実施すると見込まれる者の数が公募を行う必要がないと認められる程度に少数であるとき」は「公募をしないで国家戦略特別区域会議の構成員として加える者を選定することができる」とあって、事業者を指定する要件はたいへん緩く、本当は直に加計学園を指定してもよかったけど、理由づけも面倒だし、とりあえず公募した体裁を整えた、というのが正直なところではないかと推測されます。

『国家戦略特別区域法施行令』
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H26/H26SE099.html

さて、第2回分科会でも、新設される獣医学部の意義や、四国・瀬戸内海の各地域で期待される役割等について熱い論議が交わされています。なかでも注目されるのが、当会に出席している「学校法人加計学園新学部設置準備室長」である吉川泰弘氏です。同氏は千葉科学大学の教授であり、感染症や防疫が主な専門のようですが、同氏のHPによれば、当室長には平成28年4月に「命じられて」就任しています。平成28年4月といえば、「広島県・今治市国家戦略特別区域」が設定されてまだ3ヶ月程度、公募の9ヶ月前です。まだ加計学園が選定されていない段階で準備に入っているところを見ると、すでに加計学園で内定していた線が濃いと考えるべきでしょう。

『吉川泰弘氏HP』
https://www.ayyoshi.com/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%…/

さらに気になるのが「命じられ」たという一言です。所属している千葉科学大学に、他の大学の室長になれと「命じられた」というのは不自然ですし、もちろん雇い主でも何でも無い加計学園に「命じられ」るいわれはありません。となれば、さらに上の組織から「命じられた」と考えるべきです。

「なるほど、ここで内閣府なり安倍首相なりがかれに『命じ』て、加計学園の便宜を図ったんだ」と推理する方もいるでしょうが、普通に考えれば「上の組織」とは獣医学界等の大学を横断する組織のことだと考えるのが妥当でしょう。となれば、今治市での獣医学部新設は、関係自治体や国のみならず、関係する業界が一丸となって取り組む一大プロジェクトへと発展しており、加計学園が学部の設置に携わることを既定路線として固めておかないと、事を前に進められない状態になっていたと思われます。


加計学園が獣医学部新設を担うことになったのは、関係自治体・関係団体が、民主党政権時代を含む長年にわたって練り上げてきた計画において、すでに加計学園で内定していたからで、それを規定に合わせて選定されたように見せたため、手続きに不自然な箇所が生じてしまった。それが「加計学園が選ばれたのは安倍首相の意向が働いたからでは」という疑惑を生む原因になった、と私はこう推理します。

いずれにせよ、獣医学部新設は今治市、そして近隣市町村・都道府県にとっては長年の願いであります。それが「アベの独裁」を印象づけるための政争の具にされている。果てはこの獣医学部も、森友学園と同様、政争に巻き込まれてスケジュールが間に合わず、開校を断念せざるをえなくなるかもしれません。前川前事務次官が言うように、もし特区の設置なり獣医学部の新設なりが「極めて薄弱な根拠のもと認められた」のであれば、それは「最後に正義が勝った」ということになりましょうが、いままで獣医学部新設に向けて尽力してきた人々にとっては、泣くに泣けない結末です。

※後日確認したところ、千葉科学大学は加計学園のグループ大学だったことがわかりましたので、誤っていた箇所を削除しました。しかし「獣医学部を加計学園が担うことは、今治市・愛媛県サイドで民主党政権時代から内定していたと推測され、安倍首相の意向が働いていたとは考えにくい」という論旨に変わりはありません。
ページトップ